注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

投資信託の運用は自動積立をおすすめします

投資信託の運用は自動積立をおすすめします

私はS&P500指数に連動したインデックスファンド(投資信託)を毎週定期的に積み立てています。

昨年の5月ごろから積立てを始め、現在まで続けています。

SBI証券口座で自動積立の設定をしていますので、お金さえ入れておけばあとは勝手に積立ててくれます。

インデックスファンドですので、基本的には指数は長期的に右肩上がりに上がっていくことを期待しています。だからどのタイミングで買うかは重要ではありません。

下落相場でもドルコスト平均法にて自動積立を継続

時間を分散させて、長期で同じ金額、いわゆるドルコスト平均法で積み立てていることになります。
コロナショックによる大暴落が起こるまでは、夏場に少し低調だったものの含み益は順調に増えていきました。

こんなに順調でいいものなのかと思いつつも、安心して積立てを継続していましたが、3月にコロナショックによる大幅な下落相場に襲われ、あっという間に含み損になりました。

しかし、下落中も一切積立てを止めるつもりはありませんでした。その間、淡々と自動積み立てを行い現在に至ります。

今も最高値に少しずつ近づいてきていますが、いつ戻るのかは誰にも分かりません。逆に下落するかもしれません。

自動積立てをすることによって、人の意志に関係なく定期的に積み立てることができます。今回のような下落局面であせって狼狽売りをしてしまう長期投資家は自動積立て設定をすると継続しやすいのかもしれません。

 

最新情報をチェックしよう!