注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

【どっちがリスク】不動産投資とレバレッジETFを比較

不動産投資とレバレッジETFを比較してみました

最近、お金も持っていないのに不動産投資に興味を持ち始めて、地元の中古1戸建て物件をネットでパラパラと見てみました。

安いのもありますが、そいういのは大概築年数40年以上とかが多い印象です。

それでも、500万とかかかりますので、自分が投資するとしたら、頭金100万出して、残りは銀行などの金融機関から融資してもらうというパターンになりそうです。

一概には言えませんが、色々調査してみるとだいたい投資額の5%ぐらいが年間に手元に残るような感触です。

500万投資したら、年間25万の収入です、月に2万円弱の収入。これを多いとみるか、、、少ないとみるか、、、。

実際に自分が出した投資金は100万ですので、レバレッジを効かした投資になります。

一方、実際自分が投資しているレバレッジETFですが、これは金融機関に借金しているわけでないため借金を背負うリスクはゼロということになります。

そのかわり、変動が激しく元本が限りなくゼロになるリスクもありえます。

もちろん、2倍、3倍と資産が増える可能性を秘めています。

先ほどの不動産投資と同じ金額100万円を投資します。銀行からの融資関係なくレバレッジをかけることができます。

3倍レバレッジなら常に資産の3倍を賭けているので100万円なら300万賭けているということになります。

結論;人によりけり。

このように不動産投資とレバレッジETFを比較してみましたが、どっちが良いかはなかなか難しいです。

不動産投資は、お金持っていて確実に収入を得たい人向け、ただし借金のリスクがある。

レバレッジETFはお金をあまりもっていなくても相場次第では大儲けも可能だが、逆に大幅な元本割れのリスクもある。

今のところお金もないのでレバレッジETFのみです。ただ、色々物件をネットでながめてみるのも楽しいですね。

一個建て
最新情報をチェックしよう!