注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

S&P500トップ10銘柄の配当金推移

毎日髭をカミソリで剃っていますが、なんだか嫌になってきました。
というのも剃ると痛いからです。まあ安物のカミソリと石鹸ではそれはそれなりに痛くなるもんだと思いますが、深剃りしてスッキリしないと気が済まないクチですので、毎回丁寧に力を入れて剃るとカミソリ負けする部分が出てきます。電動シェーバーを使えばカミソリ負けも無くなると思いますが、これってカミソリほど深剃りできないので使っていません。
永久脱毛したら楽だろなー。髭はそもそも現代人にとって必要なものなのかな?

くだらない話はこれぐらいにして、米国株について調査してみました。

S&P500トップ10銘柄の配当金推移

調査したのは、S&P500銘柄のうち時価総額トップ10の銘柄の配当金推移です。
現在の時価総額トップ10は以下のとおりです。

  • 1.アップル(AAPL)
    2.マイクロソフト(MSFT)
    3.アマゾン(AMZN)
    4.フェイスブック(FB)
    5.アルファベット(GOOGL)
    6.ジョンソン&ジョンソン(JNJ)
    7.ウォルマート(WMT)
    8.ビザ(V)
    9.JPモルガン(JPM)
    10.マスターカード(MA)

アマゾンとフェイスブックとアルファベットは無配当銘柄なので除外し、残りの7銘柄について配当金を調べてみました。
調査期間は2010年度~2019年度です。
各銘柄の配当金推移は以下の表のようになりました。

さすがに世界のトップ企業だけあって、配当金は順調に伸びています。
ここ10年間で特に伸びが目立つのは、マイクロソフト、ビザ、JPモルガン、マスターカードの4社です。
私自信で食指が動く銘柄は、堅実な伸び率のジョンソン&ジョンソン、近年の伸びが目立つJPモルガンです。
ジョンソン&ジョンソンはすでに保有していますのでJPモルガンについては購入を検討してみようと思います。

最新情報をチェックしよう!