注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

おすすめの人気米国株ETFの特徴

米国株に投資したいけど個別株はよくわからないという人は、ETFに投資してみてはいかがでしょうか。ETFは個別株の集合体で個別株単体よりも安定した値動きをみせます。

ここではVTI、VOO、VYM、HDV、SPYDの5つのおすすめ米国ETFの特徴を記していきます。今後の投資の判断材料としていただければ幸いです。

各ETFの概要

1、VTI

VTIとは

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(Vanguard Total Stock Market ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。CRSP米国総合指数のパフォーマンスに連動する投資 成果を目指す。あらゆる時価総額規模の米国株式を保有。米国株式市場全体を投資対象とする。3500以上の銘柄を保有し、時価総額ベースでウエートを算定。
(bloombergより抜粋)

 

いしやん
全米の企業まるごと投資するETFです。

基準価額

166.95ドル
(2020/8/3現在)

設定日

2001/5/31

直近配当額

0.6999ドル
(2020/6/25)

経費率

0.03%

資産総額

154.528(10億USD)
(2020/8/3)

直近配当利回り

1.67%

5年トータルリターン

11.13%

 

いしやん
経費率が激安です。100万円投資しても年間300円しか経費がかかりません。こんな経費率は日本の投資信託ではありえません。米国約3000社に投資するので安心して買えるETFです。

組み入れ上位銘柄
1.マイクロソフト  5.00%(組入れ比率)
2.アップル     4.61%
3.アマゾン・ドット・コム  3.79%
4.フェイスブック  1.77%
5.アルファベット(GOOGL)  1.37%
6.アルファベット(GOOG)  1.31%
7.ジョンソン・エンド・ジョンソン  1.20%
8.バークシャー・ハサウェイ  1.06%
9.ビザ  1.05%
10.プロクター・アンド・ギャンブル  0.96%

直近10年のVTIチャート

VTIチャート

 

2、VOO

VOOとは

バンガードS&P 500 ETF(Vanguard S&P 500 ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。S&P500種指数のパフォーマンスに連動する投資成果を目指す。主に米国の大型株を保有。S&P500種指数の全構成銘柄に投資し、四半期ごとに時価総額加重平均を用いて保有銘柄のウエートを算定し、リバランスする。
(bloombergより抜粋)

いしやん
全米の大企業約500社にまるごと投資するETFです。

 

基準価額

302.08ドル
(2020/8/3現在)

設定日

2010/9/9

直近配当額

1.4333ドル
(2020/6/29)

経費率

0.03%

資産総額

155.839(10億USD)
(2020/8/3)

直近配当利回り

1.89%

5年トータルリターン

11.64%

 

いしやん
VTIと同じ経費率で激安です。
配当利回りも2%近くありバランスがとれているETFです。

 

組み入れ上位銘柄
1.マイクロソフト  5.99%
2.アップル     5.77%
3.アマゾン・ドット・コム  4.49%
4.フェイスブック  2.12%
5.アルファベット(GOOGL)  1.64%
6.アルファベット(GOOG)  1.61%
7.ジョンソン・エンド・ジョンソン  1.44%
8.バークシャー・ハサウェイ  1.32%
9.ビザ  1.26%
10.プロクター・アンド・ギャンブル  1.15%

 

いしやん
上位10銘柄はVTIと全く同じですが、小型株が抜けた分VTIよりも上位10銘柄の組入れ比率は高いです。

 

直近10年のチャート

VOOチャート

 

3、VYM

VYMとは

バンガード・ハイディビデンド・イールドETF (VanguardHighDividend Yield ETF)は 、米国籍のETF(上場投資信託)。平均以上の配当を出す普通株で構成されるFTSEハイデ ィビデンド・イールド指数に連動する投資成果を目的とする。時価総額加重平均を用いて保有銘柄のウエートを算定。(bloombergより抜粋)

 

いしやん
比較的高配当な米企業約400社に投資するETFです。

 

基準価額

81.43ドル
(2020/8/3現在)

設定日

2006/11/16

直近配当額

0.8368ドル
(2020/6/22)

経費率

0.06%

資産総額

26.291(10億USD)
(2020/8/3)

直近配当利回り

4.09%

5年トータルリターン

7.08%

 

いしやん
VTIやVOOよりも配当利回りが高いことが特徴です。

 

組み入れ上位銘柄
1.ジョンソン・エンド・ジョンソン  4.30%
2.JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー  3.30%
3.プロクター・アンド・ギャンブル  3.07%
4.インテル  2.93%
5.ベライゾン・コミュニケーションズ  2.59%
6.AT&T  2.45%
7.ファイザー  2.31%
8.メルク  2.24%
9.シスコシステムズ  2.23%
10.エクソンモービル  2.10%

直近10年のチャート

VYMチャート

 

4、HDV

HDVとは

iシェアーズ・コア高配当株ETFは、米国籍のETF(上場投資信託)。あらゆる時価総 額水準の株式銘柄を含むモーニングスター配当フォーカス指数に連動した投資成果を目指す。主に消費財、生活必需品、エネルギー、石油・ガス、電気通信セクターの企業に投資する。代表サンプリング手法を用いて保有銘柄のウエートを算定。(bloombergより抜粋)

 

いしやん
財務が健全な高配当米企業をピックアップしています。

 

基準価額

83.49ドル
(2020/8/3現在)

設定日

2011/3/31

直近配当額

0.879497ドル
(2020/6/15)

経費率

0.08%

資産総額

5.692(10億USD)
(2020/8/4)

直近配当利回り

4.18%

5年トータルリターン

6.13%

 

いしやん
VYMと同じくらいの配当利回りで4%を越えているのが特徴です。

 

組み入れ上位銘柄
1.AT&T  9.44%
2.エクソンモービル  8.28%
3.ジョンソン・エンド・ジョンソン  7.15%
4.ベライゾン・コミュニケーションズ  6.76%
5.ファイザー  6.05%
6.シェブロン  5.72%
7.メルク  4.23%
8.シスコシステムズ  4.10%
9.コカ・コーラ  4.06%
10.ペプシコ  3.66%

 

いしやん
アクティブファンド的な独特の銘柄選定をしているETFです。オイルメジャー、通信系の企業が上位銘柄を占めます。

 

直近10年のチャート

HDVチャート

 

5、SPYD

SPYDとは

S&P 500 高配当指数のトータルリターン(経費控除前)に概ね連動する投資成果を上げることを目指す。(morningstarより抜粋)

 

いしやん
S&P500銘柄のうち配当利回りの高い上位80社をまるごと投資するETFです。

 

基準価額

28.0503ドル
(2020/8/4現在)

設定日

2015/10/22

直近配当額

0.365715ドル
(2020/6/19)

経費率

0.07%

資産総額

1.928(10億USD)
(2020/8/4)

直近配当利回り

5.21%

3年トータルリターン

-3.14%

 

いしやん
高配当銘柄に特化したETFです。

 

組み入れ上位銘柄
1.レゲット・アンド・プラット  1.38%
2.ウエスタンユニオン  1.35%
3.パブリック・ストレージ  1.32%
4.ベンタス  1.32%
5.ブロードコム  1.32%
6.アパートメント・インベストメント&マネージメント  1.31%
7.フランクリン・リソーシズ  1.31%
8.バイアコムCBS  1.30%
9.フェデラル・リアルティー・インベストメント・トラスト  1.30%
10.リアルティ・インカム  1.30%

 

いしやん
正直聞いたこともない銘柄ばかりでよく分かりません。

 

直近10年のチャート

SPYDチャート

 

各ETFの比較(経費率、配当利回り、トータルリターン)

比較表

 

 

いしやん

経費率はどれも低いので気にする必要はないと思います。配当が一番高いETFはSPYDです。トータルリターンが優秀なのはVTI、VOOで5年間で11%を超えています。

 

各ETFの比較(配当金増配率)

増配率表

増配率グラフ

配当金は、

VTI    2010年【1.15ドル】⇒2019年【2.90ドル】 2.53倍
VOO  2011年【4.74ドル】⇒2019年【5.57ドル】 1.17倍
VYM  2010年【1.09ドル】⇒2019年【2.84ドル】 2.60倍
HDV  2012年【2.09ドル】⇒2019年【3.21ドル】 1.53倍
SPYD 2016年【1.51ドル】⇒2019年【1.75ドル】 1.15倍
になっています。

ETF同士の銘柄の重複率(時価総額比率)

VTI VOO重複率

VYM HDV重複率

VYM SPYD重複率

HDV SPYD重複率

まとめ

5つのETFについて特徴をまとめてみました。

【VTI】

長期で保有してトータルリターンが大きく取れる。配当利回りの増配も期待できます。

【VOO】

VTIとほぼ同じ特徴。大型株の安定した成長により確実なリターンが期待できます。

【VYM】

配当利回りが比較的高めであり、増配率も高め。
キャピタルゲインとインカムゲイン両方バランスよく取れます。

【HDV】

配当利回り狙いのETF。キャピタルゲインも期待できます。

【SPYD】

高い配当利回り狙いのETF。キャピタルゲインはあまり期待できません

 

ETFと書いた紙
最新情報をチェックしよう!