注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

今後の米国株の投資方針

今後の私の米国株の投資方針



アップルを買う

アップル(APPL)はバッドタイミングで投資してしまったので、現在含み損ですが、今後も少しずつ買い増していく予定です。

自社CPUのMacBookも発表されそうですし、今後も順調に売り上げを伸ばしていくことでしょう。

アッヴィを買う

アッヴィ(ABBV)はヘルスケアセクターの中でも高配当で、成長も見込まれる優良銘柄だと思います。

配当金の増配も期待できるため、長期で保有していきたい銘柄です。

オートマチックデータプロセシングを買う

オートマチックデータプロセシング(ADP)は人事や総務などの仕事を代行してくれる企業です。

業績は安定しており年々成長しています。

営業利益率は安定しており、不況でも底堅い銘柄だと思います。

また、40年以上連続増配しており、インカムゲインも狙うことができます。

ベライゾン・コミュニケーションを買う

ベライゾン・コミュニケーション(VZ)は通信サービスを提供していて、AT&Tのライバルとして有名です。

今後伸びていくであろう5Gへの投資に重きをおいておりさらなる成長が期待できます。

高配当かつ10年以上連続増配していることから長期で保有したい銘柄です。

QQQを買う

QQQには逆らえません(^_^)a。

高配当が好きな人でも現在の状況から巣篭もり系のハイテクを無視することはできません。

超長期でみれば、バリュー株や高配当株もQQQと遜色ない良いパフォーマンスをみせるとは思いますが、目先の含み損には耐えられません。

含み損が何年続いても平気でいられる、そんな仙人みたいな精神は持ち合わせておりませんので、目先の利益を取りにいきます。

だからといってQQQに全ツッパするのではなく、ポートフォリオの1構成銘柄として継続購入していきます。

VYMを買う

SPYDという高配当株を持っていますが、こちらは小休止ということで、、。

当初買い増すと書いてましたが、投資戦略は毎年変化していくものです(笑)。

高配当ETFの中での実績をみると、VYMが頭一つ抜けていると個人的には思っています。

分配率が他の高配当ETFより低いことで嫌う人もいますが、このETFの過去の増配率をみてみると長期で保有すれば、高配当に負けないぐらいの分配金が得られるはずです。

 

関連記事

米国株に投資したいけど個別株はよくわからないという人は、ETFに投資してみてはいかがでしょうか。ETFは個別株の集合体で個別株単体よりも安定した値動きをみせます。 ここではVTI、VOO、VYM、HDV、SPYDの5つのおすすめ米国E[…]

ETFと書いた紙

 

いしやん
固定費削減や節約により入金力を上げて、これらの銘柄に愚直に投資していきます。

 



PCと携帯電話とペン
最新情報をチェックしよう!