注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

SBIネオモバイル証券の概要や魅力ポイント

最近人気となってきている「SBIネオモバイル証券(通称ネオモバ)」ですが、やはり少額から投資が可能でTポイントでも取引が可能、スマホで簡単に注文ができるといった点が人気の秘密と言えるでしょう。

この記事では、そんな「SBIネオモバイル証券の概要や魅力ポイント」について解説していきたいと思います。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

FXは1ポイントからできる

SBIネオモバイル証券なら、FXを1ポイントからできるのも特徴的です。

1通貨と少額からでも取引ができるので、投資初心者でも安心して取引ができると人気があります。

投資を始めるには、サイトの口座開設より基本情報を入力し、カメラやスマホで本人書類をアップロードし、後日送られてくる取引パスワードを受け取り、順序に沿って進めればすぐに利用開始可能。

約20年の実績があるSBIネオモバイル証券では資産をより安全に管理できるよう安心のセキュリティと高度なシステムを揃えています。

国内株式が取引可能に

国内株式が取引できるSBIネオモバイル証券のネオモバでは、単元株やS株などの国内株式の取引ができるばかりではなく、売買すれば現在の値上がり益についてチェックできます。

また、国内株を保有すれば気になるその企業の株主優待や配当金の情報を得られるのも特徴的です。

取り扱っている国内株式の商品は、上場株式や国内ETF、インフラファンド、REITなどの現物取引が可能です。

取り扱っている市場は東京証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所、札幌証券取引所で売買ができます。

取引手数料が月額で安い

約定代金の合計額が1ヵ月あたり0円から50万円以下である場合、取引ごとに手数料がかからず、月額税込み220円で取引放題になります。

取引額が300万円までなら月額のサービス利用料が税込み1,100円、500万円であれば税込み3,300円、1,000万円では税込み5,500円です。

スプレッドが原則固定

米ドル/円のスプレッドは1,001から10,000通貨までは0.2銭、10,001通貨なら0.3銭となるネオモバイル証券。

例外はありますが、原則固定です。取引の最低取引単位は、1通貨で1ドルが110円の場合、必要証拠金額は4.4円を5円として取引ができます。

取引スタイルに応じたツールも揃うネオモバなら、モード切り替えでの取引もできます。

多彩な商品が充実のSBIネオモバイル証券

(ひとかぶIPO)
ひとかぶIPOは申し込みが1株からでき、少額から取引ができます。配分は抽選方式で、簡単に申し込めます。

(for ネオモバ)
WealthNavi for ネオモバなら、資産運用は1万円からスタートできます。お金を貯めることが難しい、初めて投資する人でも資産運用が気軽にできるのが魅力的。

(iDeCo)個人型確定拠出年金

個人型確定拠出年金のiDeCoは、節税対策ともなる個人型の公的年金制度なら全ての運用益が非課税となります。

住民税や所得税を減らすことができ、年金か一時金は受け取り方法の選択が自由にできます。

Tポイントで資産運用ができる

資産運用もTポイントで気軽にできるSBIネオモバイル証券なら、1ポイントが1円相当として株やFX取引の投資に利用できます。

ログインして、ID提携すればネオモバ口座に反映します。

また、ポイントを貯めればTポイントが使えるお店で使えます。

このポイントが使えるお店の数は業界の中でもNO.1。そのため、多くの店で楽しくサービス提供を受けられます。

毎週木曜日や金曜日に注文できるネオW

毎週木曜日や金曜日の9時から23時までに注文できるネオWなら、Tポイントは1ポイントとして利用できるSBIネオモバイル証券のネオモバなら、1口200円でTポイントが使えて、決算すると現金で受け取ることが可能です。

また、日経平均があがるか、さがるか、変わらないの3つの中から予測できます。

予測してから購入して、予測どおりになれば最大で1.25倍の購入金額に増やせるのです。

SBIネオモバイル証券のデメリット

ここまでSBIネオモバイル証券のメリット(魅力)を解説してきましたが、デメリットに関しても少しだけ触れておきましょう。

・取り扱い商品が少なめ

SBIネオモバイル証券では、「NISA」や「つみたてNISA」などの取り扱いがないという面では、デメリットと言えます。

・取引がなくても手数料が発生する

SBIネオモバイル証券ではひと月の取引額50万円以内であれば月額220円が掛かりますが、取引がなかった月に関しても手数料が発生してしまうという点もデメリットと言えます。

まとめ

今回は、SBIネオモバイル証券の概要や魅力ポイントについて解説してきました。

・FXは1ポイントからできる

・国内株式が取引可能

・取引手数料が月額で安い

・スプレッドが原則固定

・Tポイントで資産運用ができる

といった魅力が多くの人々に好評となっているのです。

ぜひ気になった人はSBIネオモバイル証券の口座を開設してみてはいかがでしょうか?



投資グラフ、チャート
最新情報をチェックしよう!