注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

【2021最新】おすすめのネット証券口座まとめ!

2021年、オススメのネット証券口座はどこ?
本記事では、おすすめのネット証券口座の大手3社を一挙解説&ご紹介します!

まずは、紹介している3社の手数料について一覧表で見ていきましょう。

【手数料比較】

SBI証券 楽天証券 マネックス証券
スタンダードプラン(1注文制) 超割コース(1注文制) 取引毎手数料コース(1約定制)
~5万円:55円 ~5万円:55円 ~10万円:110円
~10万円:99円 ~10万円:99円 ~20万円:198円
~20万円:115円 ~20万円:115円 ~30万円:275円
~50万円:275円 ~50万円:275円 ~40万円:385円
~100万円:535円 ~100万円:535円 ~50万円:495円
~150万円:640円 ~150万円:640円 ~100万円:成行注文/1,100円 指値注文/1,650円
~3,000万円:1,013円 ~3,000万円:1,013円 100万円~:成行注文/約定金額の0.11% 指値注文/約定金額の0.165%
3,000万円~:1,070円 3,000万円~:1,070円
【アクティブプラン(1日定額制)】 【いちにち定額コース(1日定額制)】 【一日定額手数料コース】
~100万円:0円 ~100万円:0円 ~100万円:550円
以降100万円ごとに:440円 ~200万円:2,200円 100万~:300万円ごとに2,750円
月間利用ボックス(約定金額300万円ごとの売買)数:21回目からは2,475円 121回目からは1,815円
~300万円:3,300円
300万円~:以降100万円ごとに1,100円

※出典「みんかぶChoice「ネット証券おすすめランキング!株初心者におすすめの証券会社を徹底比較!」より」

「約定」と「注文」といった手数料の仕組みに、各社ばらつきがあります。

【※注文制・約定制とは?】
「約定制」は、取引が成立した際に手数料が発生する方式です。
「注文制」は、売買の注文時に手数料が発生し、取引の成立有無は関係ありません。

その他にも、各社の特徴や違いを解説していきます。

自分に合った証券口座を開設することで、特典を最大限活用した取引が行えるので必見です!

1.「SBI証券」

SBI証券口座開設トップページ
※画像引用「SBI証券「口座申込ページ」より」

【SBI証券の特徴】
・IPOの取り扱い数が業界トップ
・取引手数料が業界最低水準
・夜間の現物株取引は手数料無料

SBI証券は、IPO(新規公開株)の取り扱い数で大手を抜き去り、ネット証券1位の座を獲得している。

そのため、一早くIPO株を取引したい方には最適な証券会社となっており、早朝や夜間取引も可能な「PTS取引」も導入されているのだ。

更に、夜間の現物株の取引手数料は無料となっているため、業界最低水準の手数料の相まり、初心者にも気軽にオススメしたい証券会社である。

>SBI証券の口座開設はこちら!





2.「楽天証券」

楽天証券口座開設TOPページ
※画像引用「楽天証券「口座開設TOPページ」より」

【楽天証券の特徴】
・楽天経済圏(楽天ユーザー)には最適な一社
・トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名
・手数利用が低水準

楽天証券のメリットは、とにかく楽天経済圏に入っているユーザーへの特典が多いことが挙げられる。

手数料の1~3%がポイントとして還元される他、楽天カードで投信積立をすると1%分のポイントがもらえる等、長期的に楽天サービスを利用している人には特典が豊富に用意されている。

また、利用手数料が業界でも低水準であることに加えて、様々な機能を有したトレードツールの元祖「マーケットスピード」は、デイトレーダーたちの間でも非常に評判が良く人気が高い。

ツール内で日経新聞の記事が無料で読める特典もあるため、情報収集からトレードまで一貫して行える便利な機能が揃っているのだ。

>楽天証券の口座開設はこちら!

楽天証券

投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場の…

3.「マネックス証券」

マネックス証券 口座開設TOPページ
※画像引用「マネックス証券「口座開設TOPページ」より」

【マネックス証券の特徴】
・外国株の銘柄数が豊富(米国株4000銘柄以上/中国株2500銘柄以上)
・NISA口座は日本株/中国株/米国株手数料が一部キャッシュバック
・IPOの豊富さ

マネックス証券は、外国株の取引に興味がある方には是非お勧めしたい証券会社だ。

銘柄数が多いことに加え、NISA口座は株取引の手数料がキャッシュバックされるため、実質無料で使える点はかなりのメリットになる。

少額投資を検討している方にもおススメしたい一社です。

>>マネックス証券の口座開設はこちら!





まとめ:ネット証券口座は手数料と特典で選ぶべし!

今回はネット証券口座について解説させて頂きました。

ネット証券口座を選ぶなら、キャンペーン特典や手数料を比較し、一番自分の都合にあう会社を選ぶべきでしょう。

また、期間限定キャンペーン時等に、取り合えず口座を開設して置くのもオススメです。

その他の投資に関する記事はこちらで解説しています。

関連記事

今月の投資銘柄 今月は、 ETFのVYM、QQQ、TECL 個別株のアップル、アッヴィ を買いました。 マネックス証券にてTECLを買う 今回TECLをはじめて買いましたが、銘柄構成はQQ[…]

チャート
関連記事

米国株の含み損を消す方法【損出し】   米国株にはメリットもありますが、デメリットもあります。デメリットの一つとして、配当金に2重課税がかかるということがあげられます。   NISA口[…]

最新情報をチェックしよう!