注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

【高配当米国株】連続増配株の配当性向を調べてみた

【高配当米国株】連続増配株の配当性向を調べてみた

配当性向とは

企業が稼いだ利益のうち何%を株主に配当金として分配するのかを示す指標です。

今回私が買っている連続増配企業の株の中から6企業分を調査してみました。

以下が6企業の調査結果です。

(左より企業名、利回り、配当性向の順)

  • アルトリアグループ 8.36%  78.72%
  • AT&T  6.60%  64.53%
  • アッヴィ 5.19%  44.73%
  • 3M  3.65%  73.31%
  • アローファイナンシャル 3.55%  45.02%
  • コカコーラ 3.42%  88.08%

アルトリアグループは利回り8.36%と高配当ですが配当性向は78.72%で増配余力があまりないように思います。ただし安定したキャッシュフローが望めるので今後も増配し続けるのではないかと思います。

AT&Tは利回り6.60%でこれもかなり魅力的な配当です。配当性向は64.53%でまだ増配余力がありそうです。

アッヴィは利回り5.19%で配当性向も44.7%と低くこれもAT&Tと同様増配余力がかなりありそうです。

3Mは利回りは他と比べて低いですが配当性向が73.31%でそんなに悪いようにも思えません。

アローファイナンシャルは将来性を見込んで購入した株ですが今後の増配に期待します。

コカコーラは58年連続の増配をしておりますが配当性向が88.08%と高く増配率は今後低いのではないかと思われます。

以上6銘柄について調べてみました私的に魅力的な銘柄はAT&Tとアッヴィです。配当性向の低さが今後の増配を期待させてくれます。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!