注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

貯金が趣味になっていてはもったいない

貯金が趣味になっていてはもったいない

貯金が趣味みたいな人は結構いると思います。

とくに年配の方に多いような印象です。

貯金すること自体はよいかと思いますが、それ自体趣味にまでなるともったいないです。



貯金をすること自体が目的になる

貯金をすることが趣味のようになると貯金すること自体が目的になって、なんのための貯金かわからなくなります。

将来大きな出費が必要になるかもしれないからと貯金するのは安心を買うみたいな感じだと思いますが、それだけだともったいないです。

ある程度貯金できたら、お金に働いてもらう

大きな出費なんてそうあるもんではありません。

人が考えている心配事の9割は起こりません。

もっとポジティブ思考で、最低限の生活資金を確保したら、余剰金に働いてもらいましょう。

余剰金の働き先は株式、債券、不動産投資です

どうせ貯金していてもクソみたいな利子しかつきません。

そのお金にはエンジンがついていません。

お金を株式や債権、不動産投資に回すことにより、エンジンがついて、資産が動き出します。

動き出した資産は紆余曲折ありながら成長していき、あなたの生活に潤いをもたらすことでしょう。

まとめ

 

貯金をするのではなく、お金がある程度貯まればお金に働いてもらう

 

資産運用なしの貯金だけでは、単なる思考停止の趣味となり、貯金しているという安心感だけしか得られません。

 

お金に働いてもらうことで、必ず今より生活が豊かになること信じましょう。

 

いしやん
タンス預金なんて死に金です、あなたが働くんじゃなくてお金に働いてもらいましょう。



パンとオレンジ
最新情報をチェックしよう!