注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

株を少額から始めるのは意味があるのか

株を始めようとする時に、少額から買っても意味がないと思っている人もいるのではないでしょうか。

少額で株を買うことに意味があるのかと問われたら、

少額でも株を買う意味はある

と答えます。

少額でも株を買うべき理由

①お金をそのまま銀行に預けていてもお金の価値が下がるだけだから

現在銀行の定期預金の金利は昔と比べて非常に低いです。

おおよそ年利0.2%が相場なようです。この金利で10000円を定期預金に入れたとします。

1年後には金利が20円ついて元本と合わせて10020円になります。

20円増えているからこれで良いのではと思うかもしれませんが、実際にはインフレによりお金の価値は10000を割り込んでいる可能性があります。

近年の日本の消費者物価指数は以下の表のようになっています。

消費者物価指数

(総務省統計局より抜粋)

2017年が0.5%、2018年が1.0%、2019年が0.5%と物価が上昇しています。銀行の金利が年0.2%ですから金利分は物価の上昇に相殺されて更に元本分の10000円の価値が下がることになります。

お金は減っていませんが、物値が上がることによって結果的にお金の価値が下がるということになります。

ゆえに、銀行に預けているままの状態は、資産価値が徐々に下がっていくのを眺めているだけということになります。

②少額では意味がないとそのまま何もしなければ、浪費して無くなる可能性があるため

投資しようと考えたそのお金はおそらく生活費では無い余剰資金だと思います。

そのまま銀行に預けておけばまだマシですが、余剰金ということで浪費に回される可能性があります。

私の体験ですが、投資を始める前は自由に使えるお金があれば、なにかと理由をつけて物を買ったり、旅行代に回したりしていました。

消費すること自体悪いことではありませんが、何も考えずにお金があるからといって消費ばかりしているとそれは浪費と呼ばれても仕方がないのではないでしょうか。

本当に自分にとって価値あるものにお金を使うのが本筋であり、お金があるから使っても大丈夫だろうというのではいつまで経っても蓄財なんてできません。

いしやん
投資する前の私は、結構豪快にお金を使っていました。今考えると浪費だったんでしょう、、、。

まとめ

少額でも株に投資しようと考えているのであれば、すぐにでも実行した方が良いです。

メリットとしては

  • 節約マインドが身につく。(少額でも投資に回そうとすると、余剰金を少しでも残そうと考えるようになる。)
  • お金をインフレから守ることができる。

 

また、株を買うことを考えたが、資金が少ないから株よりも手っ取り早くすぐに増やしてやろうという考えは、以下のような負のループの行動に陥ってしまう可能性があります。

 

①少ない資金を大きく増やしてやろう。

②投機性の高いものに手を出す。(リバレッジを効かせたFX、仮想通貨、公営ギャンブル、宝くじ)

③失敗してお金が無くなる。

④2度と投機(投資)をしないと決意する。

⑤しばらくして余剰金ができる。

①に戻る。

 

もし今から株を始めるなら、100円からでも積立てられる以下のファンドをおすすめします。

 

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

楽天・全米株式インデックスファンド

 

両方とも米国企業全体に投資するインデックスファンドで、安心して積立てできると思います。過去の実績が今後も続くとすれば平均年利6〜7%が期待できます。

 

いしやん
投資にはリスクがありますが、リスクを全く取らずにリターンを得るというのは不可能です。まずは少額でも投資を始めてお金に働いてもらいましょう

 

ウォールストリート
最新情報をチェックしよう!