注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

順張り逆張りどっち?

順張り逆張りどっち?

個別株を買う時、順張と逆張りどっちが良いか?

基本的に順張りが良いと思います。



先日、ベライゾンを買い増ししようと考えていました。

理由は株価が下がって含み損になったため買い増して平均取得単価を下げるためです。

しかし買い増しするのをやめました。

これから株価が上がるという根拠はありません。

ついつい含み損になっている銘柄は、買い増してなんとか含み益になるようにと考える人が多いと思います。

しかしながら、これから株価が上がるという保証は全くないのに買い増すことが果たして得なのかどうかということです。

例えば、含み損になっている銘柄のみを買い増し対象にすると、全体の利益は向上すると思いますか?

答えは、Noだと思います。

逆に、含み益になっている銘柄のみに買い増しをしていった方が、全体の利益は向上するように思います。

株価が上がっていて、含み益になっている銘柄を厚めに買い増していくのがベストな選択でしょう。

人は得することよりも損したくないという心理の方が強く働きますので、儲かっている銘柄より損している銘柄に目がいってしまい、ついつい損している銘柄ばかりケアしようとします。

そうではなくて、儲かっている銘柄をもっと儲かるようにケアしてあげるべきで、沈んでいる銘柄はむしろ売りの判断まで考慮すべきではないかということです。

この株は割安で今は含み損だけど将来株価は回復すると思って意固地になって地獄のナンピン買いなどするとさらに傷口が深まってどうしようもなくなる可能性があります。



イナゴ投資家っているじゃないですか。

株価が急上昇している銘柄に群がっていくのを嫌がる人がいますが、私はそれもありじゃないかと思っています。

市場が評価して株価が上がっているなら素直にそれについていってもいいと思います。

下落ばかりしている銘柄にナンピン買いしているよりも遥かに効率が良いと思いますがいかがでしょうか。

今のインデックス投資ってほとんどが時価総額の大きさで、買う銘柄の比率を決めていますよね。

株価が上がっている銘柄は自然と時価総額が大きくなり、買う割合も大きくなります。

そのインデックスの仕組みからいくと、個人で個別株を買う時もそのやり方にした方が良い結果になるのではと思います。

わざわざ各銘柄の評価額の割合を一緒になるように調整して買う方もいますが、資産の最大化を目指すことにおいては損なやり方なのでは?

株価が上がって儲かっている銘柄にはより多くの資金を注ぎ、株価が下がって含み損の銘柄はあまり買い増ししないようにする、または最悪損切りするようにしていくべきなのかなあと、、、。

 



スマホに手を伸ばす
最新情報をチェックしよう!